敏感肌は美白しにくいのは本当か?

敏感肌の場合は、美白化粧品を使っても効果が感じにくいと言われています。 それは本当なのでしょうか? なぜそのようなことが言われているかというと、メラニンが作られる原因と関係します。

メラニンが作られる原因と言えば、紫外線が当たることだと思われがちです。 これは間違いではありませんが、それ以外にもメラニンが作られる原因があります。 それは外部刺激です。例えば、花粉が当たったり、ゴシゴシと顔を擦ったり、ニキビができたりなど、様々な外部刺激があります。

敏感肌の方は、肌が炎症を起こしやすくなっています。 この炎症も外部刺激となるので、メラニンが作られる要因となります。 敏感肌の方が刺激のが強い美白成分を使うと炎症を起こしがちです。するとメラニンが作られるので、美白しているつもりでも効果が感じにくいのです。

今までは敏感肌の美白と言えば、刺激が弱いものを使うしかありませんでした。しかし、弱い美白成分が配合されているので、これでは効果も薄いといえます。 しかし、最近では敏感肌用の美白コスメも登場しています。これはバリア機能を正常にしてくれるもので、敏感肌を改善しつつ、美白をするというものです。